『三丘パン研究会』に参加してきました。

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 17:50
3月20日(月曜祝日)、『第138回三丘パン研究会』に参加してきました。
季節は、春。春っぽいパンを作りたいなぁ、と いろいろ考えていて、苺から起こした自家製酵母を使った生地に ホワイトチョコチップと ドライ苺を混ぜたパンを思いつきました。

低温熟成させようと思って、前々日に生地を仕込んで 冷蔵庫にてスタンバイ。具材は成型のときに 混ぜ込むことに。

次の日、八百屋さんを覗くと 美味しそうな『博多おまおう』が お手ごろな価格で売っていて「この苺の果汁で生地を練ったら どんなパンになるんだろう?」と 創作意欲が ムクムク盛り上がってきました。p(^_^)q
そして、もう一種類、生地を作ることに。
早速、中まで真っ赤な苺『博多あまおう』ミキサーにかけると 綺麗な色の苺ジュースに。水は加えず、少量のきび砂糖と 山口の釜焚き天然塩『百姓の塩』、ホシノ酵母と この苺ジュースで生地を練りました。


ドライ苺を刻んで、ホワイトチョコチップと合わせて、ここまでが前日の仕込みです。

当日、二種の苺パン生地を持って 福岡の自宅を出発しました。3時間の道中で 、程よく発酵してくれるでしょう。
今回のパン研究会には、息子くんと アジア工房のシェフも 同行して、3人での参加です。


ん?パン研究会なのに、何故 サザエが焼かれているのか?

この日、参加者の方から、こぶし大の大きなサザエを差し入れしていただいたそうで、パンより先に 焼きあがっています。笑。

パンが焼ける香ばしい匂いの前に、会場は サザエの焼ける磯の香りに満たされています。これには、初参加の息子くんも 生唾ごっくん。

獲れたて新鮮なサザエは、もちろん活きもの。刺身でも食べたいなー、と思いつき、シェフの登場です。

あっと言う間に、『サザエの活け造り』イェイ!ψ(`∇´)ψ

待て待て、サザエに盛り上がり過ぎました。あくまで『パン研究会』なのです。

サザエが焼かれている横では、サザエの肝を練り込んだパンを作られていました。サザエの肝の緑色は 食べている海藻の色だそうです。綺麗な緑色のパンに焼き上がりました。 一緒に加えたバジルとガーリックの風味とサザエの香りが良く合って、今まで食べたことの無いくらい美味しいパンでした。

みんなで、サザエの壷焼きとサザエの活け造りをつまみながら、パン作りを進めていきます。こちらは 、高橋先生がフォカッチャの生地を捏ねているところ。


あまおう苺のジュースで作った生地を 息子くんが桜の形に成型しています。幼い頃は、一緒にクッキーやパンも作っていたのですが お年頃になってからはサッパリだったので、楽しそう。(^∇^)
そして、なかなか 筋がよい。いいパン職人になれそうなのになー。本人に、その気が無いのが残念です。(/ _ ; )

そうこうするうちに、今回の息子くんの目的だったであろう、ピザが焼きあがってきました。
カリカリじゃこのピザ と 山口県のオリジナル野菜『はなっこりー』のトマトソースのピザ。この二種のピザは、自家製のルヴァン種を作った生地だそうで、シンプルな具材に生地の美味しさが際立ってました。
アボカドと納豆のピザ。ビックリ!な 組み合わせですが、生地に塗ったオリーブ油と 上から載せたチーズが 味をまとめてくれていて、意外な美味しさです。(´?ω?`)
金柑とチキンのピザ。金柑のシロップ煮を持って来てくださった方と「ピクルス作ったんで、その残りのピクルス液でチキン炊いて来ました。」という方のコラボレーションピザ。

いろんなバリエーションの味わい。しかも、石窯で焼きたての熱々の美味しさに息子くんも満足そう。


ナンも焼き上がりました。

シェフと息子くんが作ったパーカーハウスには、シェフが福岡から作って来た『自家製 寒鯖の燻製』と『アジア工房特製 だし巻き玉子』を挟みます。そして、この日は 柔らかく焼けた猪肉を差し入れいただいていたので、そちらも挟んでいただきました。
苺酵母で作った生地にドライ苺とホワイトチョコチップを混ぜたパン。この日、甘い味のパンが少なかったので 箸休め的な感じでしたね。
あまおう苺のジュースで作ったパンは、焼き上がりも綺麗なピンク色でした。甘さ控え目、苺の酸味が程よくて、生ハムとクリームチーズを挟んでも美味しそう。
柚子ジャムを練り込んだパンは、丸パンをハサミでチョンチョン切って、かわいい形になりました。
自家製みかん酵母のパン生地で作ったレーズンパンは ダッチオーブンで焼かれました。火加減の難しいダッチオーブンも、今回は 完璧な焼き上がりです。
火加減と言えば、今回も釜番職人にはお世話になりました。焼き方の難しい丸型食パンを今回もこんなに上手に焼き上げていただきました。m(_ _)m
中身は、よもぎ生地と合わせてクローバーのイラストパンにした買ったのですが、成型が難しいくて 断念してしまったのですが、丁寧に焼き上げていただいたおかげで、『マーブル食パン』として完成品となることができました。(^人^)


定番のローズマリーのフォカッチャと、オレンジ色は、トマトパウダーを生地に混ぜたフォカッチャ。
フォカッチャが焼きあがった頃には、みんな お腹いっぱい。こちらは切り分けて、お土産になりました。

少しずつ暖かくなって、酵母も成長してくれるようになりました。
私も、息子くんも、この春から大きく成長出来るといいな。

来月は、4月15日(土曜日)の開催です。
早速、今から、来月のパンを構想中〜。?(*´?`*)??

スポンサーサイト

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 17:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする